【メンズメイク】BBクリームとファンデに違いはあるの?

みなさん、こんにちは。

男メイク専門でメイクアップアーティストをしているメンズメイクの高橋です。

今回はよく質問で頂く「BBクリームとファンデの違い」について解説していきます。

YouTubeで解説動画をUPしています。

よくある質問はどんどんこれからも動画にしていくのでよろしくお願いしますッ!

そもそもBBクリームとは

BBクリームの「BB」は、ブレミッシュバーム(Blemish Balm)の略で、ブレミッシュは傷、バームは軟膏的な意味合いがあります。

つまり、傷をカバーしたり保湿したりするために作られたのが名前の由来になっているコスメなんですね。

例えば、美容皮膚科とかでレーザー治療をすると肌に赤みが出てくるんですが、それをカバーしたりケアするために肌色のバームの中に美容成分や紫外線効果を配合し、BBクリーム1つで何役もの効果を発揮します。

なのでベースメイクをする際の、<日焼け止め→化粧下地→ファンデーション>の効果が1つで完成できてしまいます。

そんなこんなで女性の間でも時短コスメとして愛されてきたわけなんです。

ファンデとの違い

じゃあ、なぜ今メンズメイクでBBクリームがおすすめされているかというと・・・ズバリ初心者向けのテクスチャーのものが多いからなんです。

リキッドタイプなどの液体ファンデは、基本的には単体で使うことを想定とされていますが、BBクリームは化粧下地として使われることがあります。

なので、BBクリームは上からファンデを重ねても厚ぼったくならないようにテクスチャーが組まれていることが多いので、基本的にはボテボテに厚く仕上がりません。

そういった理由でメイク初心者さんにはおすすめなアイテムだと言えるんですよね。

もちろん、リキッドファンデでも薄づきでナチュラルなものもあるし、BBクリームでもハイカバーなものもあります。

メーカーによってカバー力は変わってきますが、ナチュラルにメイクを仕上げたい人にはBBクリームがおすすめです。

 

BBクリームとリキッドファンデ結局どちらがいいの?

  • メイク初心者さん=BBクリーム
  • メイク中級者~上級者=ファンデーション

こんな感じで考えてもらうとわかりやすいと思います。

どっちがいいのかは使う人の仕上がりイメージや求めるものによって異なってきます。

BBクリームは1つで化粧下地や日焼け止め効果、ファンデーション効果などの役割を果たしてくれていますが、化粧品は単品で使った方がやはり仕上がりはキレイだし!

なので、メイクに慣れ始めて、崩れが気になってきたよーとか、もっとキレイな肌を作りたいなど自分の中で理想が高くなってきたらファンデーションに切り替えていくのがおすすめですね!(もちろん個別に化粧下地を用意して使ってみてくださいね!)

最後に

BBクリームとファンデーションの違いについて理解できましたか?

最近ではメンズBBクリームがたくさん出てきているので、ナチュラルメイクに挑戦したい人はメンズ用のBBクリームを使ってみるのがおすすめです。

とくに今、メンズメイクブランドでも人気な商品は以下です。

NULL BBクリーム 

詳細を見る

メンズコスメ老舗のメンズコスメNULL。

BBクリームがかなり人気みたいで、僕のメイクレッスン生も結構持ち込んでいらっしゃいます。

オレンジ味があるので顔のくすみとか青髭・クマなんかをカバーするのに最適。

1本の価格もお手頃なので初心者さんにはおすすめです。

 

リップスボーイ フェイスジェル

詳細を見る

メンズに人気美容室「LIPPS」から登場したメンズコスメブランドLIPPSBOY(リップスボーイ)

色味が標準的な肌色の男性からやや色白さんまでベストマッチする使いやすいBBクリームです。

厚塗り感がないので、塗ってる感なく毛穴とか自然にキレイに見せてくれます。

ロフトのベストコスメにも選ばれているブランドなので使用感は間違いなしですね。

 

UNO ウーノ フェイスカラークリエイター

<詳細を見る>

これも今をときめく大人気のBBクリーム。

資生堂UNOから発売されているフェースカラークリエイターです。

手に出した時は白い保湿クリームなんですが、塗り伸ばしていくと肌色に変化する不思議なクリームでめちゃくちゃ売れているらしい(ドン・キホーテなどでもすごく売れてるっぽい!)

1000円前後なので本当に気軽に試せるBBクリームですよ。

と、まぁこんな感じで今メンズメイク業界をにぎわせているアイテムのご紹介もさせて頂きましたが何かの参考にしてみてくださいね。

それではまた次回の更新もお楽しみに!