夏の毛穴、テカリを徹底防止!通常のプリマとブラックプリマを比較してみた。

みなさん、こんにちは。

男のメイクを専門に活動しているメンズメイク研究所の高橋です。

今回のテーマはイマ、SNSなどでも話題を呼んでいる通称”ブラックプリマ”を使ってみたので使用感をシェアしていきたいなぁと思い、記事を書いております。

ところで、みなさんはプリマヴィスタというブランドから発売されている皮脂くずれ防止下地をご存知でしょうか。

そうです、「夕方まで小鼻テカってない!ニコッ」って石原さとみさんのCMでお馴染みの商品です。

プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止化粧下地UV 

SPF20・PA++ 25ml  ¥3,024

コレコレ↑

この化粧下地って、皮脂を固めるパウダーと皮脂を皮脂を吸う粉体が配合されていて気温が高く皮脂の出やすい環境でもテカりにくいんだとか。

実際、僕もYouTube↑とかその他の記事どれが優秀?皮脂テカリ防止下地の耐久性を足湯に浸かって検証してみた!で検証してみたのですが、確かにプリマヴィスタの皮脂くずれ防止下地の実力はすごかったです。

僕は超オイリー肌なので、皮脂テカリ防止下地を使っても大体3時間くらいでテカってくるのがお馴染みな感じなんですが、プリマの下地を使った場合には3時間経っても表面にツヤが出るだけでギトギトにならなかったのです。

超オイリー肌用のブラックプリマ登場。

通常のプリマの下地でも満足はしているんですが、超オイリー肌の僕にとっては、もっと皮脂を長時間抑えられるものだと、ありがたい。

これから夏がくるし、ファンデもがっつり崩れやすくなるし‥‥

そんな事を思ってた時に登場したのがブラックプリマでした。

ちょうど去年のエイプリルフールだったかな??

女装男子におすすめ!ブラックプリマ!みたいな感じで限定商品として発売された黒いパッケージのブラックプリマでしたが、好評だったみたいで今年から定番商品として発売されました。

また同時に数量限定でブラックプリマの”粉おしろい”も発売されていたのでAmazonでポチポチ。

通常のプリマよりも、さらにテカらないなんてレジャーとか、通勤通学の時のメイクもこれで快適にできそうです!

「ダブルブラック」をスウォッチ。

【オンライン限定】 プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止化粧下地 超オイリー肌用 (ブラックプリマ)25ml  ¥3,024

まずは、ブラックプリマの化粧下地からスウォッチしていきます。

手に出してみると、通常のプリマに比べて中身が黄色いクリームのような感じでした。

肌に塗り伸ばすと、無色透明になるので元の肌色を邪魔しない感じで素敵。

実際、顔に塗布してみた感じでいくと通常のプリマよりもサラサラ感がアップしている気がしました。(YouTubeのレビュー動画作ったので、顔につけているシーンは後にUPしますね)

通常のプリマもそうなんですが、この下地の大きな特徴は大きく3つ。

  • オイルブロック処方
  • 皮脂を抱え込んで広げない
  • 塗った直後サラサラにする

皮脂を吸いこむパウダーと、出てきた皮脂を固める粉体、そして自分が分泌した皮脂と混ざらないように皮脂を弾く油を配合し皮脂を広げないような作りになっています。

徹底的に皮脂と向かい合っているところが好きすぎる。笑

ブラックプリマの化粧持ち実感おしろいEX

その次に見ていきたいのは、数量限定で発売されたおしろい(ルースパウダー)です。

持ち運びのしやすいサイズ感で通常のルースパウダーの容器に比べ、一回り以上小さい!

出先でテカった時に瞬時にサラサラにできるようにサイズ感にもこだわっているそうな。

実際、お粉を出してみるとサラッさら。(お粉も皮脂を固める性質があるんだとか。)

このお粉は球状の粒子なので、肌に塗布した瞬間に微粒子の粉が均一にスルスルと広がってくれるそうです。

だから、ムラにならずサラサラな仕上がりになるのか!

あと、粉の色味にも注目したいんですが、少し黄みのあるパウダーで繊細なパールも配合されているので肌のトーンアップも自然にしてくれます。

さらには伸縮ネットの容器なのでパフに粉をとりやすいのも推しポイントです。

通常のプリマとブラックプリマを比べてみた!

もちろん、通常のプリマよりもブラックプリマの方が皮脂ブロック力が高いのは存じあげておりますが、それでも自分の目で確かめてみたい!(そんなに変わらないのなら、店舗で変える通常のプリマを使い続ければいいし、、、というのが本心。笑)

さっそく半顔ずつにつけて3時間後、5時間後の肌をそれぞれ見ていきたいと思います。※僕の肌は通常、3時間経つとテカテカになり5時間後にはドロドロにファンデが浮いてしまう肌質です。僕の肌で5時間耐えられたら通常の人は8時間くらい持つというイメージ。

今回、ファンデーションは全面にリキッドファンデ(ジバンシィのタン・クチュール・エヴァーウェア)を使用しています。

こちらは通常のプリマを使った状態の肌です。

ドアップなのでお見苦しくてすみませんw

最後の仕上げに使ったのは、一般的なルースパウダーのチャコット(上図)を使用しました。

続いてはブラックプリマ(ブラックプリマで下地とお粉)で仕上げた状態のお肌です。

ブラックプリマも通常のプリマも見比べてみると、どちらもメイク後の仕上がりはサラサラです(当たり前ですが。。)

ただ、ブラックプリマのお粉を使った方の肌は毛穴が見えにくくなっているので、さっそくプリマのお粉の実力が見えた気がしました。

今のところ、仕上がりの美しさはブラックプリマです。

3時間経過後

3時間が経つと、通常のプリマをつけた面がゆるやかにツヤっぽくなってきました。

一方、ブラックプリマの方は表面はまだサラッとした感じに見えます。ただ角度によっては艶やかに見えるので、通常プリマとの大きな大差はそこまで感じません。

5時間経過

通常のプリマの方はテカりだしてきました。

映画をみながら、お菓子を食べたりして糖分を摂取したからでしょうか。

涼しい部屋でまったりしていたのですが、超オイリー肌の僕の皮脂腺が活発に動き始めた模様です。

対して、ブラックプリマの方はというとまだまだ全然テカってない!

まぁこれはわかっていた結果でもありますが、やっぱり目で見るとテンション上がります。

ブラックプリマの方は、まだまだファンデがピタ―っと引っ付いて表面もセミマットなまま。

その後2時間経って(計7時間経過)くらいでテカリはじめてきたので、通常のプリマよりも2時間~3時間くらいは耐久性が高いと感じました。

まとめ

結果、ブラックプリマは超オイリー肌さんの救世主的なアイテムでした。

通常のプリマでも全然優秀ですが、ブラックプリマを使うともっと欲張りに皮脂をブロックすることができることを実感。

このブラックプリマは去年、発売から3万個が秒で完売したらしくそれで定番化される事になったんだってー!

すごい、、、、それだけ夏は皮脂に悩む人が多いという事ですよね。

あ、でもサラサラになるからといって特別、乾燥するわけではなかったので混合肌の方にもぜひおすすめしたい1品でしたよ!

ぜひお買い物の参考にしてみてくださいね‼

それでは、また次回の更新もお楽しみに!