[2019年上半期]ファンデーションまとめ。

みなさん、こんにちは。

メンズメイク研究所の高橋です。

今回のテーマは今までファンデーションのレビューをYouTubeでたくさんしてきた中で2019年の上半期ファンデのまとめをしたいと思います。(昨年発売して2019年上半期に話題を呼んでいるものも含む)

プチプラ、デパコス含めて実に17個のファンデを個人的に評価!

2019年上半期もたくさんのファンデーションが発売されてきましたよね。

なんかここ最近、化粧品業界本当にめまぐるしく新商品がたくさん発売されていて購入する時に悩む人も少なくないはず。

今回はメンズメイクでファンデを使う上で重要なポイントを抑えながら評価してまいります。

【評価項目★☆☆☆☆5段階評価で行います!】

  • カバー力
  • ナチュラルさ(厚ぼったく見えないかどうか)
  • ムラになりにくさ
  • 崩れにくさ

それではさっそくチェックしていきましょう~!!

№1ディオールスキンフォーエヴァーフルイド(グロウ)

30ml ¥6,000 (SPF35/ PA++)

カバー力:★★★★☆

ナチュラルさ:★★★☆☆

ムラになりにくさ:★★☆☆☆

崩れにくさ:★★★☆☆

2019年の春に発売されたディオールのフォーエヴァーシリーズのファンデです。

後に紹介しますが、マットとグロウタイプに分かれていて、グロウタイプはマットになりすぎないタイプの質感です。(グロウの方が気持ちナチュラルに見えます。)

安定のカバー力とフィット感があるのでファンデをがっつりつけたい人にはおすすめできますね。

また従来のディオールのファンデに比べ、スキンケア効果が高まっているそうなので時間が経っても肌が乾燥しにくい印象でした。

ただし、結構コッテリしているリキッドファンデなので手早く伸ばしたり、スポンジでパッティングしないとムラになることも・・・!

 

№2ディオールスキンフォーエヴァーフルイド (マット)

30ml ¥6,000 (SPF35/ PA++)

カバー力:★★★★☆

ナチュラルさ:★★☆☆☆

ムラになりにくさ:★★☆☆☆

崩れにくさ:★★★☆☆

先にご紹介したディオールスキンフォーエヴァーフルイドのグロウタイプと同時期に発売されたマットタイプ。(容器が、すりガラスになってます)

マットというだけあって、毛穴をフラットにみせながら隙の無い陶器のような肌を表現してくれます。

グロウより気持ちしっかりめにつくので、赤みなどを長時間カバーしたい時におすすめ。

グロウと同じく、スキンケア効果が高まってるのでシワにファンデが溜まったりもしません。

ちなみに、メンズに使いやすいのは2Wか3Wの色番です。

 

№3ジバンシィ タン・クチュール・エバーウェア

30ml ¥6,900 SPF20・PA++

カバー力:★★★☆☆

ナチュラルさ:★★★☆☆

ムラになりにくさ:★★★☆☆

崩れにくさ:★★★☆☆

ジバンシィのファンデって、なんていうんだろー・・・すごくバランスがいい感じがします。

色味、つき加減、ほどよいカバー力、重たくない、、、などなど個人的にはかなり好みなブランドですね。

で今回2019年に発売されたタン・クチュール・エヴァーウェアーは24時間崩れない的な感じで販売されていました。

めちゃくちゃ崩れないかというと実際はそうでもない印象ですが、とにかく平均値よりも全てにおいて”ちょっといい”。

使っていてそんな印象がありましたね。

実際にカバー力は濃いヒゲやニキビ跡以外はすべてキレイにカバーしてくれるし、厚塗り感もそこまで出ないし、程よく黄みが配合されているのでメンズが使っても違和感ありません。

あと伸びがいいので指でつけてもブラシでつけてもキレイな仕上がりになります。

 

№4 ローラメルシエ フローレスルミエールラディアンス パーフェクティングファンデーション

30ml 6,000円(税抜)

カバー力:★★☆☆☆

ナチュラルさ:★★★★☆

ムラになりにくさ:★★★☆☆

崩れにくさ:★★★☆☆

シンプルに商品名が長いローラメルシエの2019年ファンデは光とツヤをコントロールするファンデとして発売されていました。

ディスペンサーで1プッシュ出してみると、かなり少量しか出ません。(それでも伸びがいいファンデなので、1プッシュで顔の半顔全部塗り伸ばすことができました。)

ただしローラメルシエのシリーズの中でもナチュラルなカバー力ということで、これ1本で全ての色ムラをカバーすることは難しい印象です。

そのため、肌が元からキレイだけどもうワンランク美肌を目指したい!みたいな方にとくにおすすめしたいですね。

とは言っても、カバー力がないわけではなく肌のくすみや毛穴の黒ずみなんかは程よくカバーしてくれます。

またツヤ感重視のファンデなのでオイリー肌さんよりも乾燥肌さんに向いていると感じました。

 

№5アンプリチュード ロングラスティングリキッドファンデーション

SPF22/PA++ 30mL ¥9,000 (税抜)

カバー力:★★★★☆

ナチュラルさ:★★★★☆

ムラになりにくさ:★★★★☆

崩れにくさ:★★★☆☆

2019年、上半期で最も僕が気に入ったアンプリチュードのファンデーションです。

発売自体は昨年なのですが、メンズにも使えそうなカラーバリエーションだったので購入。

お値段が張る分、テクスチャーが最高に良かったですね。

このファンデの70%以上は美容液成分から出来ているそうで、メイクをしている間も肌が疲れにくい印象でした。

元々カバー力のあるファンデーションなのですが、重ねても重ねても厚ぼったくならないので、そこも感動しましたね。

時間が経ってもファンデの色も、くすまないし化粧の崩れ方も毛穴に落ちたりしないし文句のつけどころがないファンデーションです。

 

№6エレガンス ジュレファンデーション

30g SPF30 PA+++ 6,000円(税抜)

カバー力:★★★☆☆

ナチュラルさ:★★☆☆☆

ムラになりにくさ:★★☆☆☆

崩れにくさ:★★☆☆☆

ベースメイク品で優秀なアイテムから2019年発売されたのがジュレファンデです。

チューブタイプの容器で、ジュレのようにぷるんっとしたファンデが肌の上でツヤを生み出してくれるそうな。

春に登場してくるファンデはほとんどがツヤ重視の印象ですが、エレガンスのジュレも結構ツヤが出ます。

カバー力はそこそこあるものの、たくさんつけすぎてしまうと厚化粧感が出てしまうので要注意。

また毛穴などをキレイにカバーしてくれる印象はなかったので、ファンデ前の下地をしっかり選んだ方が良さそう。

 

№7 RMK CCジェルクイックグロー

SPF12 PA+ 30g 4,500円(税抜) 

カバー力:★★★☆☆

ナチュラルさ:★★★☆☆

ムラになりにくさ:★★★

崩れにくさ:★★★☆☆

安定のベースメイクブランドRMKから限定品として発売されたのがCCジェルクリーム。

これシンプルに使い勝手良かったです!

下地としても使えるし、ファンデまでガッツリメイクしたくないけどコンビニ行く時にすっぴんでは行きたくない。みたいな時にめちゃくちゃ使えます。

このCCジェルの中には白、赤、黄、黒の4種のカラーカプセルオイルを均一に配合しているらしく、毛穴の凹凸とか肌のくすみをさりげなくカバーしてくれるところが最大のウリだそうです。

 

№8 FIVEISM×THREE ネイキッドコンプレクションバー

10g  SPF19/PA++ 本体 5,200円 + 税

カバー力:★★☆☆☆

ナチュラルさ:★★★★☆

ムラになりにくさ:★★★☆☆

崩れにくさ:★★☆☆☆

国内初の男性美容総合ブランドのファイブイズムから出ているスティックタイプのファンデーションです。

さすがメンズメイク専門店って感じで容器のデザインもオシャレで使用感もめちゃくちゃナチュラルです。

あとスティックタイプなのでテクニックレスで使えるところも良いポイントですね。

カバー力はそこまで高くないのでヒゲやニキビ跡をガッツリカバーしたい人は別途コンシーラーなどを使うのがいいでしょう。

持ちに関してはオイリー肌さんの場合、少し崩れやすい印象です。

バレたくはないけどメイクに挑戦してみたい方や肌をほんの少しキレイに見せたい方におすすめ。

 

№9 ゲラン レソンシエル

30ml SPF20/PA+++ ¥ 7,000

カバー力:★★★★☆

ナチュラルさ:★★★☆☆

ムラになりにくさ:★★★☆☆

崩れにくさ:★★☆☆☆

ゲランから2019年に登場したのがスキンケア効果の高いファンデーションです。

ファンデを手に出した瞬間から、お花の香がバッと広がります。(化粧品の香りが苦手な人には結構キツイかも。。。)

さすがスキンケア効果が高いとだけあって、保湿感は満載。

割とこってりとしたテクスチャーで指でつけるよりもブラシでつける方がナチュラルに仕上がります。

少量でもカバーはしてくれる分、たくさんつけすぎると自分の皮脂と混ざってドロッと崩れやすくなるので要注意。

時間が経つとファンデがどんどん黒くなっていくのがちょっと気になるかも。。

 

№10 アルマーニビューティ パワーファブリックコンパクト

15g  ¥8,700(税別)

カバー力:★★★☆☆

ナチュラルさ:★★★☆☆

ムラになりにくさ:★★★☆☆

崩れにくさ:★★★☆☆

アルマーニから2019年新作で登場したのはバームファンデーションです。

触るとクリーミィコンパクトなのですが、肌に伸ばすとサラサラなパウダーに変化するという不思議なファンデ―ション。

お粉要らずで、お直し用としても大活躍してくれそう!!

カバー力的には並くらいですが、重ねてつけても厚ぼったさがあまりでません。

うすーく肌全体につければ、カメラのフィルターを通したかのような肌をナチュラルに再現することができます。

変わった形状ではありますが、メイクの付け心地の軽さを一番に求めている人にはぜひ試してほしい1品ですね!

ただし全体的に色が少しピンク寄りなので、イエローベースの人は店頭で試した方がいいかもデス。

 

№11 シュウウエムラ アンリミテッドラスティングフルイド

SPF24・PA+++ 30ml ¥5,400(税抜)

カバー力:★★★★☆

ナチュラルさ:★★★☆☆

ムラになりにくさ:★★★☆☆

崩れにくさ:★★★☆☆

自分の肌色にマッチするファンデが必ず一つは見つかる、と噂されているのが2109年に発売されたばかりのシュウのアンリミテッドファンデーションです。

テクスチャー的には、固めのファンデ(乾くのが早い)なので手早く伸ばすか、ファンデーションブラシで塗布していくのが良さそうです。

カバー力自体は高めで付け心地の体感的にも軽いのですが、ややセミマットに仕上がる分メイク感が全くないわけではありません。

化粧持ちについては可もなく不可もなくって感じで普通くらいでした。

“自分にあった肌色のファンデが中々ない” ”無難なリキッドファンデが欲しい”そんな方に手に取ってほしいファンデーションです。

 

№12 クリニーク イーブンベターリフレッシュメークアップ

30ml SPF6・PA+ ¥4,800

カバー力:★★★★☆

ナチュラルさ:★★☆☆☆

ムラになりにくさ:★★☆☆☆

崩れにくさ:★★☆☆☆

2019年クリニークから発売されたのは大人肌に向けたファンデーションでした。

チューブに入ったそのファンデーション高級なクリームのような使い心地です。

ハイカバー&透明感を同時に表現しながら長時間崩れない処方とのことでしたが、実際に使ってみると割とコッテリつく印象がありました。

カバー力は高いものの厚塗り感は出てしまうのでファンデーションブラシで薄くつけていくのがおすすめです。

また、大人肌向けに開発されているからかオイリー肌の僕にとっては時間が経つと結構テカって崩れてしまいました。。

ファンデ前の化粧下地で調整しながら使用していきたい1品です。

 

№13 MAC ライトフルC̟+ナチュラリーフローレスファンデーション

SPF35 / PA++ 30ml ¥6,156税込

カバー力:★★★★☆

ナチュラルさ:★★★☆☆

ムラになりにくさ:★★★☆☆

崩れにくさ:★★★☆☆

MACから2019年発売されたのはライトフルCシリーズのベースメイクアイテムです。

なめらかなテクスチャーで、肌馴染みがすごくいい印象。

カバー力が高く、ひと塗で肌色が均一になるので細かいシミ、そばかす・ニキビなどのある肌にとっては相性抜群です。

またセミマットに仕上がるので、テカリやすい人におすすめしたい優秀なファンデーションですね。

 

№14 ザ・セム CPファンデーション

35g SPF50+/PA+++ ¥1,296(税込)

カバー力:★★★★☆

ナチュラルさ:★★☆☆☆

ムラになりにくさ:★★★☆☆

崩れにくさ:★★★☆☆

韓国コスメのセムから登場しているのがこちらのファンデーションです。

とにかくカバー力がすごい・・・というか韓国肌になりますw

しっかりメイクしたい人にはおすすめですし、仕上がりのキレイさとか崩れにくさはプチプラとは思えないほど。

ただしカラーバリエーションが少なく最も暗い02番の色は、標準肌の男性にとってはやや明るめ。

やや色白の男性からマッチしそうなブランドという印象。

 

№15 LIPPSBOY リップスボーイフェイスジェル

25g 2,200円(税抜)

カバー力:★★☆☆☆

ナチュラルさ:★★★★☆

ムラになりにくさ:★★★★

崩れにくさ:★★★☆☆

星の数ほどの男性をイケメンにしてきた人気美容室LIPPSから登場したメンズコスメブランド「LIPPSBOY(リップスボーイ)」。

リップスボーイから登場しているBBクリームはナチュラルかつ、さりげなくスキントーンを整えてくれる印象でした。

現在は1色展開になっているので標準肌の男性によくマッチするという印象ですが、質感は日焼け止めに色がついたような軽い使い心地です。

LIPPSBOYはロフトで先行発売されているので、お手頃な価格でメイクを試してみたい方にはぜひチェックしてみてほしい。

 

№16 UNO フェイスカラークリエイター

30g SPF30・PA+ ++ 1,274円(税込)

カバー力:★★☆☆☆

ナチュラルさ:★★★★☆

ムラになりにくさ:★★★☆☆

崩れにくさ:★★★☆☆

ウーノ(資生堂)から今年発売されたのが、フェイスカラークリエイターという男性用のBBクリームです。

メンズ用のBBクリームとだけあって、かなりナチュラルで自然なメイクができるBBクリームです。

ビジネスシーンに使っても全然バレない感じ。

手に出してみると白いクリームですが、肌にすり込むと肌色に発色して青髭やニキビの赤みなどをさりげなくカバーしてくれます。

1色展開で肌色を選ばず、幅広い年代に使用できるのだとか。

肌の疲れをナチュラルにカバーしたい人には今すぐにチェックしてほしい1品です。

 

№17 レブロン カラーステイフルカバーファンデーション

30g SPF18 1800円(税抜)

カバー力:★★★☆☆

ナチュラルさ:★★☆☆☆

ムラになりにくさ:★★★☆☆

崩れにくさ:★★★★☆

レブロンから発売されている無重力ファンデ!

キャッチコピーの通り、ムースみたいな使用感のファンデーションでした。

ネットのレビューなんか見ているとカバー力は高いと高評価ですが、僕的にはめちゃくちゃ高いとは感じませんでした。(程よいカバー力あり)

ただし、このファンデを使って最も感動したのは崩れにくさです。

朝つけて、がっつり仕事していても夜まで全然崩れないし、あまりテカらなかった印象です。

適度なカバー力とかなりのロングラスティングでプチプラファンデの中では2019年上半期に推しておきたい1品。

まとめ

2019年上半期の新作ファンデを中心にまとめてみました。

そのほかにもYouTubeでもすでに2019年上半期ベストコスメを発表しているのでぜひご覧ください!

それでは、また次回の更新もお楽しみに!