どれが優秀?皮脂テカリ防止下地の耐久性を足湯に浸かって検証してみた!

みなさん、こんにちは。

メンズメイク研究所の高橋です。

梅雨の時期に差し掛かるとジメっとした皮脂が出やすくなるもの。←急にどしたw

そんな時に役立つのが、皮脂テカリ防止下地ですよね。

色んなブランドから皮脂に強い化粧下地が販売されていますが、結局どの商品が優秀なのでしょうか。

プチプラコスメで有名どころのブランドを持ちより検証してみたいと思います。(今回はメンズメイクでも使えるものをセレクトしております!)

比較検証するのは、こちらのブランド。

エントリー№1

マキアージュ

ドラマティック スキンセンサーベース EX

¥2,808(税込) SPF25・PA+++

こちらは今年発売されたばかりの皮脂テカリ防止下地です。

SNSや雑誌で割と見かけるマキアージュの下地ですが、色はほとんどつかずメンズメイクでも使いやすそう。

毛穴の開きなどをカバーしながら、水分の足りない部分にはうるおいをチャージしてくれる処方なんだとか。

最大13時間化粧持ちが続くというから、期待大の商品です。

 

エントリー№2

プリマヴィスタ

皮脂くずれ防止 化粧下地

¥3,024(税込)SPF20・PA++

石原さとみさんがモデルをつとめる花王のプリマヴィスタは一度は耳にしたことがあるはず。

皮脂崩れ防止下地と言えばこの化粧下地ですが、そのメカニズムは分泌された皮脂を固める粉体皮脂を吸う粉体のWアプローチで長時間、テカリを防ぐところにあります。

どんな炎天下の下でも皮脂を肌の上に広がらせない、そんな化粧下地の実力を細かくチェックしていきましょう。

 

エントリー№3

エテュセ オイルブロックベース(修正液)

1,200円(税抜) 

エテュセのテカリ修正液は部分用下地になりますが、有名どころなので検証アイテムとして抜擢しました。

美容系ユーチューバーのみきぽんさんを始め、色んな方が高評価していますよね。

この下地の良いところはメイクの上からでも使えるよ という点。(もちろんメイク前の下地としても使えます。)

皮脂吸着パウダー配合でサラサラ肌をキープしてくれるとのこと。

 

エントリー№4

セザンヌ 皮脂テカリ防止下地

¥600(税抜) SPF28・PA++
プチプラの王道、セザンヌから出ている皮脂テカリ防止下地です。
透明感を出すライトブルーとピンクベージュの2色展開になっていますが、今回はピンクベージュをチョイス。
600円というコスパの良さで数年前から定評のある下地ですが、その実力はいかに。
皮脂を吸着しながら毛穴の凹凸を目立ちにくくするパウダーも同時に配合しているみたいなので、毛穴が気になるこれからの季節のパートナーになりそうです。

皮脂の出る条件について

今回、この4つの商品を検証するにあたって、もっとも日常的な皮脂の量を出す環境を検討すべきだと考えました。

皮脂が活発に分泌される条件を調べてみると・・・

  • 気温、または体温の上昇
  • 糖分の摂取
  • ストレス

皮脂は気温が暑いと出やすいみたいですねぇ。

そこで検証の仕方を”炎天下の中でランニング”とか考えてみたのですが、単に熱いと汗に変わって検証結果がわかりづらくなるなぁとか思いながら頭を悩ませていたところ、

ジワジワ身体を温められる”足湯”を活用しよう!

というアイディアが企画会議で飛び交いました。←ナイス、うちのスタッフ。

そこで今回は飲食もできる新宿の「足湯cafe&barどん浴」さんに撮影の協力を依頼。

代表やスタッフの方々もとても親切にご対応くだり感謝です・・・・!

実際に検証の様子をご覧ください。

なぎちゃん(混合肌)と高橋(オイリー肌)で検証をした結果、それぞれ優秀なアイテムはプリマヴィスタとマキアージュという結果になりました。

意外とそれぞれの商品の崩れ方が見れて楽しい検証動画になったと思います。

セザンヌは値段の事を考えると耐久性も優秀だとは思うのですが、小鼻のキワなんかはヨレるのが一番早かったように感じました。

エテュセに関しては、顔全体につける下地ではありませんが小鼻部分にフォーカスを当ててみた時に全部の中では3位かな、という感じ。

悪くはないけど、、、、お直し道具として持っておくならアリよりのアリなのかなぁというのが正直な感想です。

優秀どころ2商品で比較!

さて、検証動画でそれぞれが結論を出した2商品ですが最後は超オイリースキンの僕の肌で比較して決着をつけていきましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

メンズメイクの高橋@ヘアメイクアップアーティストさん(@takahashi.mensmakeup)がシェアした投稿

YouTube動画では旧型のプリマを持って行ってしまったのですが(すみません・・・)今回NEWプリマで比較します。

※ちなみにNEWプリマと旧型プリマの違うところが毛穴対するカバー力だそうなので皮脂テカリ防止力が大きく変わったわかではないみたい。

で、今回の経過観察についてなんですが、僕の肌はメイクをしてから3時間経過すると大分テカリます。

5時間後には、ギトギトになっているので5時間後の肌でもテカっていなければ優秀!って感じで比較していきたいと思います。

化粧下地だけの場合

こちらはマキアージュの下地をつけた場合の肌です。

毛穴感が自然にカバーされている印象で、触れるとしっとりしていました。

対してプリマヴィスタの下地をつけた時は、マキアほど毛穴感が無くなる印象はありませんでしたが表面はマキアージュよりもサラサラになります。

ここからファンデーション、お粉まで完成させて様子を見ていきましょう。

※ファンデーションはRMKのリクイドファンデーションとエスティローダーのフェイスパウダーを使用。

3時間後・・・・

マキアージュの下地をつけた方を見ると、全然ファンデは崩れておらず・・・

ただし、きも~ち緩やかにテカってきてるかも??(でも自然なツヤ肌くらいのレベル)って感じでした。

一方プリマはというと、全然崩れてないしテカってない。

ビターっとファンデが密着しながら、マットな仕上がりを維持。

3時間が経過して・・・ほとんど差はないのですが、気持ちプリマの方がセット力が高い気がします。

5時間経過すると・・・

マキアージュを塗布した方の肌は3時間経過後の肌とそこまで変わらず、緩やかに皮脂が出ているレベル。(鼻の穴がっつりですみませんw)

これは優秀。

5時間経っても、僕の超絶オイリー肌に耐えうるなんて、ゴイスー‼

プリマヴィスタの方はというと、ゴイスー×2。

こっちは全然テカってない・・・!(ライトの反射でツヤは出てますが皮脂のテカリはなし。)

ファンデが崩れている様子もなく、マキアージュよりも気持ちテカらない度が強い気がします。

結果、プリマヴィスタの方が良さげ。

実際に使い比べてみると、気持ちプリマの方がテカリ防止って部分でが勝っている気がしました。

と言っても本当に誤差の範囲ですが、自分は絶対にテカらない下地を何が何でも手に入れてたいよー!っていう完璧主義な方にはプリマをおすすめしますw

皮脂テカリ防止度を5段階評価でつけるとすると‥‥

  • 花王プリマヴィスタ 5点満点
  • 資生堂 マキアージュ 4.5点

ってな感じくらい、ほぼ互角な印象でした。

まぁ、今回の検証で皮脂テカリ防止下地はプリマヴィスタが安心するんだ~ってことがわかったので自分の中ではスッキリ!

テカリが気になるこれからの季節にぜひ参考になれば幸いです。

それでは、また次回の更新もお楽しみに!