【2019年最新版】メンズBBクリームのおすすめ人気ランキング8選

みなさん、こんにちは。

男メイク専門で活動しているメンズメイクアップアーティストの高橋です。

今回はメンズメイクで使えるBBクリームをランキング形式で紹介していきたいと思います。

ちなみにこの記事はアフィリエイト商品の紹介ではないので、他の紹介サイトで記載されているような「これ、実店舗で見たことないけど。。。どこのブランド?」ってものは省いています~‼

現役のヘア&メイクアップアーティストとして活動している僕だからこそ、そのテクスチャーなどを踏まえて本当におすすめしたいモノもランキング形式でシェアしていこうと思います。(メイクレッスンの際によくお客様が持ち込んできてくださるモノも踏まえてランキングをまとめていきますネ)

2019年メンズBBクリームランキング最新版はコレ!

第8位 サムライハーツBBクリーム

50ml SPF20 1000円程度

  • カバー力:★★☆☆☆
  • バレにくさ:★★☆☆☆
  • 崩れにくさ:★☆☆☆☆
  • ベタつかない度:★☆☆☆☆

ネットでメンズBBクリームと検索すると、ちょくちょくHITする商品です。

原産国が韓国なので、韓国コスメに分類されるBBクリームで数年前にも僕のYouTubeでレビュー動画出してます。

実際に塗り伸ばしてみると、こんな感じ。

香りは石けんのような良い香りなんですが、色の展開が一色で結構明るい印象でした。

色白の男性に使えそうな印象ですが、カバー力はそこまで高くないです。

どちらかというとスキンケア製品に色がついたようなしっとり感で、化粧品のベタつきが苦手な人はフィニッシングパウダーも併用した方が良さそう。

逆にしっとりした感じが好きな人には、好みのテクチャーかもです。

あと、SPF20 のみと紫外線に対するカット効果が低めなので日焼け止めも一緒に使った方が良さそう。

 

第7位 Vegeboy(ベジボーイ)BBクリーム

20g SPF30 PA++ 1,728円(税抜 1,600円)

  • カバー力:★★★★☆
  • バレにくさ:★★☆☆☆
  • 崩れにくさ:★★☆☆☆
  • ベタつかない度:★★☆☆☆

メンズコスメブランド「石澤研究所」から発売されているベジボーイ。

メンズBBクリームの中では比較的カバー力が高い印象です。

色味を見てみると悪くはないんですが、一色展開で色白の男性にはちょっと不向きな感じ。

あと、ファンデーションとかBBクリームって、モノによってはつけた後にグレーっぽく人工的な肌色にくすむことがあるんですが、ベジボーイも若干くすむイメージです。

ニキビの赤みとかクマをうっすら隠したい方にはおすすめの商品ですが青髭のカバーができるほどのカバー力はないので、20gで1600円はちょっと割高に感じるかも。。

 

第6位 NULL(ヌル)BBクリーム

20g 3,593円 (税込 3,880 円) SPF30 PA++

  • カバー力:★★★☆☆
  • バレにくさ:★★☆☆☆
  • 崩れにくさ:★★★☆☆
  • ベタつかない度:★★★★☆

メンズBBクリームで人気のヌル。

青髭を隠したい時によく推奨されている商品ですよね。

実際に中身を取り出してみると、オレンジ味をおびたクリームをしていて青髭カバーには有効です。(オレンジカラーは青髭やニキビ跡隠しに有効)

ただし、色味が一色展開なので色白の男性が使ってしまうと肌からオレンジが浮いてしまいそう。。

なので、このBBクリームをつかった後に自分の肌色に合ったファンデやコンシーラーを重ねて肌色に馴染ませるのが良さそうです。

ちなみに標準的な肌色~やや色黒の男性には自然に溶け込みやす色味ですので標準的な肌色の男性であれば気軽に使えるでしょう。

カバー力についてはメンズBBクリームの中でいうと、そこそこある感じ。(しかもクレンジング不要みたいです)

 

第5位 ファシオ BBクリーム(モイストタイプ・ウォータープルーフタイプ)

  • カバー力:★★★★☆
  • バレにくさ:★★☆☆☆
  • 崩れにくさ:★★★☆☆
  • ベタつかない度:★★★☆☆

女性用のブランドとして販売されているファシオから出ているBBクリームです。

3色展開になっていて最も暗い03番はメンズメイクにも使えます。

ちなみに保湿力の高いモイストタイプと汗・皮脂に強いウォータープルーフタイプの2種類がありますが、モイストはツヤっぽく仕上がり、ウォータープルーフはセミマットに仕上がります。

30g SPF35/PA+++ 全3色 各1,500円(税抜)

↑モイストタイプは茶色のパッケージ。

30g SPF50+/PA++++ 全3色 各1,500円(税抜)

↑ウォータープルーフタイプは白のパッケージです。

2色比べてみると、こんな感じ。

ウォータープルーフタイプの方が気持ち明るく仕上がるイメージです。

カバー力もあり、伸びもよく優秀なBBクリームなので男性のみなさんにもぜひ使ってみてほしい。

ちなみに薬局やドン・キホーテで購入できますー!

 

第4位 レブロン カラーステイフルカバーファンデーション(240番)

30ml SPF18 全5色/各1,800円(税抜)

  • カバー力:★★★★☆
  • バレにくさ:★★☆☆☆
  • 崩れにくさ:★★★★☆
  • ベタつかない度:★★★★☆

プチプラコスメの中でも比較的メンズに使えるアイテムが取り揃っているレブロンのファンデーションです。

一般的なBBクリームとさほど機能は変わらないのでランキングに入れさせてもらいました。

こちらのファンデーションはとにかく崩れないですね!

カバー力も程よくありながら、化粧持ちもよく見た目もサラっとした肌に仕上がります。

男性は汗や皮脂が出やすい人が多いと思うので崩れにくいファンデやBBクリームを使うのも大切なポイントです。

ただし紫外線カット効果が低いので日焼け止めも併用して使った方が良さそう。

 

第3位 LIPPSBOY フェイスジェル(BBクリーム)

25g 2,200円(税抜)

  • カバー力:★★☆☆☆
  • バレにくさ:★★★★☆
  • 崩れにくさ:★★☆☆☆
  • ベタつかない度:★★☆☆☆

今年から立ち上がった期待のメンズコスメブランド「LIPPSBOY(リップスボーイ)」。

メンズ向けのファンデーションやコンシーラーはもちろん、色付きリップなども人気だそう。

カバー力自体はそこまで高くないものの、色味がすごく自然で使いやすい。

毛穴とか赤みを自然にカバーしながら肌をキレイに補正してくれます。

あとテクスチャーが結構しっとりしているので、ベタつきが苦手な人は最後にフィニッシングパウダーを使う方が良さそう。(日焼け止め効果をUPさせる意味でも)

あ、あと色味すごい好きなんですが、超色白の男性だと少々暗く感じるかもしれません。

 

第2位 UNO フェイスカラークリエイター

30g SPF30・PA+++ 1,274円(税込)

  • カバー力:★★★☆
  • バレにくさ:★★★★☆
  • 崩れにくさ:★★★☆☆
  • ベタつかない度:★★★★☆

資生堂のUNO(ウーノ)から発売されている男性の日中用カラークリームです。

手に出してみると、白い普通のクリームですが塗り伸ばすと肌色に変化。

どんな肌色にも馴染みやすいように色味の調整をしているのだそう。

肌のくすみや赤みをさりげなくカバーしながらスキントーンを整えてくれます。

またビジネスシーンでも使えるほど、ナチュラルな仕上がりになるところも推しポイント。

ちなみに洗顔料でオフできるので肌への負担も少なくて敏感肌さんにも安心して使えます。

 

第1位 ルオモ マットキープBBジェル,ナチュラルBBジェル

  • カバー力:★★★☆
  • バレにくさ:★★★★☆
  • 崩れにくさ:★★★★★
  • ベタつかない度:★★★★☆

メンズBBクリームで優秀なルオモからは2種類の質感のBBクリームが登場しています。

25g 価格:¥1,600(税抜) SPF35 PA++ 無香料

マットキープBBは黒のパッケージ↑

22g 価格:¥1,600(税抜) SPF37 PA+++ 無香料

↑ナチュラルBBジェルはグレーのパッケージです。

ここのBBクリームは色味もすごく良いのと、とにかく崩れない!

2つ比べてみると、こんな感じ。

マットキープBBクリームはカバー力はそこそこなものの、とにかく長時間テカらないし毛穴やくすみなどもキレイに補正してくれます。

汗・皮脂にも強く夏場のメイクにもすごく最適。

それでいて保湿成分がたっぷり入っているので、乾燥崩れも心配ありません。

一方でスキンケアの感覚で使えるのがナチュラルBBジェルです。

マットキープBBよりも保湿力があり、色味も少し濃いめでカバー力は高め。

カバー力が欲しい人はナチュラルBBジェルがおすすめです。

どちらも共通して言えるのが仕上がりの自然さと、程よいカバー力と圧倒的な崩れにくさが推しポイントとなります。

まとめ

メンズコスメが続々と登場している中で最新のメンズBB事情をご紹介いたしました。

様々なファンデーションやBBクリーム触れてきた経験を元に、今回ご紹介しましたので是非何かの参考にしてみてください。

ちなみに男性用のBBクリームは比較的ナチュラルな仕上がりになるのでメイク初心者さんはBBクリームから使い始めるのもおすすめです。

それでは次回の更新もお楽しみに!