【色白男子向け】オレンジコンシーラーの選び方

みなさん、こんにちは。

メンズメイク研究所の高橋です。

今回は題名にもある通り、色白男子に向けた記事を書いていきます。

青髭やニキビ跡を隠す時にマストアイテムでもあるオレンジコンシーラー。

色白男子の皆さんが使うと、ファンデの色をオレンジが突き抜けて黄色っぽい肌に見えるといった経験をお持ちではありませんか?

実際に僕のところにも下記のような質問が寄せられます。

「色白なんですけど、オレンジコンシーラーを使うと肌が黄色っぽくなります…」

「色白の僕が青髭を隠したい時にどんなコンシーラーを使うべきでしょうか。」

そうなんです。色白の男性の場合、オレンジコンシーラーと言ってもオレンジの種類をちゃんと選ばないと逆にカバーした部分が悪目立ちしてしまうことがあります。

色白さんのオレンジコンシーラーの選び方

オレンジコンシーラーと一口に言ってもメーカーによって、その色味は様々です。

一般的にメンズの肌で使用すると馴染むオレンジがこんな感じ↓

割とトーンが暗めの黄みの入ったオレンジカラーです。

例えば、この写真に上がっているMACのオレンジコンシーラーはめちゃくちゃ優秀でニキビ跡や青髭なんかフルカバーしてくれるので僕はヘビロテで使用してます。

でも色白さんが使うと、肌が黄色っぽくなっちゃうんですよね…。

そこで、色白さんが選ぶべきオレンジコンシーラーはこのようなカラーです↓

こちらはピンクオレンジ系のカラーです。(ミシャ ザ コンシーラーKUMA)

MACのものと比べると少し明るめでしょうか。

色白さんが落ち着いたトーンのオレンジコンシーラーを選んでしまうと、たちまち上から重ねるファンデの色がくすんで見えるようになるので注意してください。

実際に人肌でチェック!

今回は微妙なニュアンスの事を言っているので実際にモデルを立ててレクチャーしていきます。

今回登場するのはメンズメイクLABOチャンネルでもお馴染みのナギちゃん。

なぎちゃんは色白男子なので、青クマや眉毛の青みを通常のオレンジコンシーラーでカバーするとそこだけ色が変わってしまうのがお悩みだそう。

実際に左右にMACとミシャ(色白男子向け)のコンシーラーを塗布していきましょう。

コンシーラーをまんべんなく伸ばしていきます。

この時点でMACは結構オレンジが発色していますね。

上から、なぎちゃんが普段使っているファンデを塗布してみました。

向かって左側のMACのところは黄色っぽい肌になっていますが、ミシャの方は明るさを保っています。(どちらの製品が優れているかの話ではありません。より肌色にマッチしているかを比較しています。)

やっぱり色白男子にはピンクオレンジ系のコンシーラーがマッチしますね。

まとめ

オレンジコンシーラーはアジア人の肌トラブルをクリアにしてくれる魔法のアイテムですが、その色の選び方も結構繊細だったりするので奥深い化粧品です。

<色白男子のオレンジコンシーラーを選ぶポイント>

  • ピンクオレンジのカラーをチョイス
  • 明るめのオレンジコンシーラーをセレクト

この2点さえ、しっかり覚えておけば大きく失敗することはないでしょう。

良かったら参考にしてみてください。

ちなみに、赤リップや赤いチークでカバーするというのがYouTubeなどでは主流のようですが、赤でも全然カバーできます!

でもアジア人にがナチュラルにカバーするならやっぱりオレンジが使いやすいかもしれません。

では、また次回の更新もお楽しみに!