\メンズメイク法人様向けサービスはこちら/

【実際に使えるブランド集めてみた!】メンズメイクで使えるプチプラコスメファンデ特集!

みなさん、こんにちは!

男メイク専門で活動しているメンズメイクの高橋です。

今回は薬局やドン・キホーテなどでも手に入るプチプラコスメのブランドを集めてみました!

メンズメイクで使えるブランドって案外あるので、この記事を参考に使えそうなものがあればぜひチェックしてみてください。

さっそくアイテム紹介していきます!

今回は単に紹介していってもおもしろくないので実際の使用感と、その肌質、肌色に向いているかを専門家ならではの目線で評価しながらお伝えしていきたいと思います。

ブランド①セザンヌ

セザンヌは女子の間でも大人気なプチプラコスメブランドです。

低価格帯なのにハイライトやアイシャドウ、ベースメイクまでとかなり定評があります。

通常、女性用ブランドのベースメイクは色味が明るいものが多い中、このブランドは結構メンズメイクでも使うことができるんです。

セザンヌBBクリーム

03ナチュラルベージュ<詳細を見る

<Amazonで見る>

向いている肌質 普通肌・脂性肌・混合肌
向いている肌色 色白さんからやや色白さん
カバー力 比較的高め

セザンヌのBBクリームはテクスチャーがなめらか、かつスルスル伸びるんですが、乾いてしまうとピタっと密着します。(乾燥肌さんは十分に保湿をしてから使うのがベター)

それでいてカバー力は顔の赤みやヒゲなどは十分カバーすることができますね。

密着感も良い方かな。

このBBクリームは洗顔料で落とせるみたいでクレンジング不要な部分もメンズにとってはいいかもです。

ただし、色が3色展開でもっとも暗い03番の色でも標準的な肌色のメンズが使うと明るい印象ですね。(ただし薄くつける分には標準肌の男性も使えます。)

セザンヌ クリーミィファンデーション

20 自然なオークル系<詳細を見る>

<Amazonで見る>

向いている肌質 全ての肌質
向いている肌色 やや色白さんから標準肌
カバー力 比較的高め

先ほどご紹介したセザンヌBBクリームに比べて、さらにしっとり系。

商品名にクリーミィとついているだけあるなって感じです。

美容オイルが入っているんだって!だからか!って思いました。

セザンヌBBクリームは乾くと、ちょっとシワ割れを起こすのに対して、このクリーミィファンデは時間が経ってもしっとりな印象。

かと言ってベタつくわけでもないので、優秀なテクスチャーだなって思います。

色味は3色展開で最も暗い20番の自然なオークル系のカラーがやや色白さんから標準的な肌色の男性まで使えます。(ただし、標準的な肌色の男性が使う場合、ちょっとトーンアップするんでよろしくです。)

色白男子がこのファンデ使う場合は、10番とかでいいかも!

ブランド②無印良品

みんな大好き無印良品!スキンケアとかめっちゃ優秀ですよね。

とくに化粧水はすごく好きです・・・!

でも今回はベースメイク品をご紹介。

MUJI BBクリーム

オークル<詳細を見る>

向いている肌質 全ての肌質
向いている肌色 やや色白さんから標準肌
カバー力 普通くらい

無印のBBクリームも優秀です!

色が少しオレンジ味も入っているので顔のくすみ感を飛ばしながら健康的な肌色に見せてくれます。

セザンヌとそこまでテクスチャーは変わらないのですが、セザンヌよりもサラサラしてる感じがします。

付け心地もかなり軽い。

チューブも小さいし、ポーチに一個忍ばせておくのもアリよりのありかも。

色はキレイだし自然ですね。

ただ、BBクリームの中に入っているサラサラパウダー?的なやつが毛穴に引っかかる場合もあるので、ブラシとかでつけるとさらにキレイに仕上がりそうな予感しかない。

MUJI クリームUVファンデーション

オークル<詳細を見る>

向いている肌質 乾燥肌・普通肌
向いている肌色 やや色白さんから標準肌
カバー力 高め

BBクリームの容器と一緒なので、間違えそうなのがクリームタイプのファンデーションです。

BBクリームに比べてカバー力が高く、クリームファンデというだけあってしっかり付きな印象です。

色はオークルが最も暗く、やや色白さんから標準的な肌色の男性も使えます。(ただし標準的な肌色の男性が使った場合は多少トーンアップします。)

カミツレ花エキス、ホホバ種子油、シア脂、アンズ核油などの植物性うるおい成分が配合されているだけあって、肌にジュワっと溶け込みます。

うん。優秀。

MUJI UVリキッドファンデーション

オークル(健康的な肌色)<詳細を見る>

向いている肌質 普通肌・オイリー肌・混合肌
向いている肌色 やや色白さんから標準肌
カバー力 薄づき

無印最後のベースメイク品はリキッドファンデーションです。

このファンデ、下地として使っても良さそう!なくらいサラッと薄づきで顔のトーンをキレイに見せてくれます。

ナチュラルメイクしたい人にはおすすめしたいファンデーションですね。

最もダークカラーである”オークル”の色味はオレンジ味があり、血色もよく見せてくれます。

毛穴感とか細かい赤みに少しだけ薄い補正膜をつけてくれるようなファンデなので崩れも全然気になりません。

ブランド③江原道(コウゲンドウ)

美容系ユーチューバーの和田さんが好きなイメージのあるコウゲンドウ。(偏見すみません)

ここのベースメイクはプロも愛用しているくらい人気があるんだとか。

女子の間でも人気を誇るファンデーション使ってみました。

江原道 マイファンデーションアクアファンデーション

213番<詳細を見る>

<Amazonで見る>

向いている肌質 全ての肌質
向いている肌色 色白さんからやや色白さん
カバー力 薄づき

このファンデーションは、薄づきでなめらかな付け心地のファンデーションですね。

たしかに、ファンデ薄づき志向の方が好きそうな印象です。

カバー力的にいうと、赤みやくすみはカバーしてくれて濃いニキビ跡とかヒゲは別途コンシーラーが必要なイメージでした!

色が213番で色白~やや色白さん向きですね。

海外展開色なら結構暗い色があるみたいなんですが、日本だと男性が使うにはやや明るめかも。

143番の最も暗い色なら標準的な肌色の男性にもマッチしそうです。

ブランド④メイベリン

メイベリンはドラッグストアにいくと必ずと言っていいほど、見かけるブランドですね。

女子の間ではベースメイクはもちろんのことマスカラやアイライナーも人気です。

そんなメイベリンから3つのBBクリームが発売されています。

パッケージの色などでテクスチャーが変わってくるのでマルっとまとめてご紹介していきましょう!

メイベリンSP BB オーララディアント

02 ミディアムオークル<詳細を見る>

<Amazonを見る>

向いている肌質 乾燥肌・普通肌
向いている肌色 色白さんから標準肌まで
カバー力 高い

2色展開になっているこのBBクリームはダークカラーの02番がメンズメイクでも比較的、扱いやすいアイテムですね。

微細なツヤ感を出してくれますが、ベタつき防止パウダーも配合されているので付け心地は全然重たくない。

あとカバー力が高いです。

もともと毛穴レスを目指して開発されたこのBBクリームは、毛穴の凸凹にもしっかりフィットするので毛穴落ちも気にならないところが推したいポイントですね。

モイスト成分配合で乾燥肌の人でもシワっぽさを残さない。

プチプラの中でも優秀なテクスチャーです。

メイベリンSP BB モイストマット

02 ミディアムオークル<詳細を見る>

<Amazonで見る>

向いている肌質 混合肌・オイリー肌
向いている肌色 色白さんから標準肌まで
カバー力 やや高め

先ほどのメイベリンSP BB オーララディアントとパッケージはにていますが、こちらのBBクリームの質感はサラっと仕上がるタイプのBBクリームです。

いわば、テカりにくかったりシリコンで肌表面がサラっとしてみえるタイプ。

混合肌さんやオイリー肌さんにおすすめ。

色に関してはこちらも2色展開で、暗めのカラーの方が標準的な肌色の男性や、やや色白さんに向いています。

マットというだけあって、さっぱりしているんですがカバー力でいうとメイベリンSP BB オーララディアントの方が、ほんの少しだけ高めな印象。

ただ、毛穴カバー感でいうと、こちらのBBの方がほんの気持ちキレイに補正できていますね。

メイベリン ピュアミネラル BB SPカバー

02 ミディアムベージュ<詳細を見る>

<Amazonで見る>

向いている肌質 すべの肌質
向いている肌色 色白からやや色白さんまで
カバー力 並み

こちらもメイベリンから出ているBBクリームです。

メイベリンってめっちゃBBクリームありますよね。すごい。

で、このBBクリームの特長はナチュラルかつ、お肌を労わるよっていうところです。

簡単にまとめると、なんですけどね。

お肌を労わる部分については環境ストレスから守る成分が入っているらしく、あとはナチュラルっていう部分はテクスチャーですね。

塗り伸ばすと、うす~い膜を作ってくれるので、ファンデ前の下地として使ってあげてもいい感じですね。

ネットではカバー力高いとかかかれていますが、僕が使った感じでいくと普通くらいです。

厚ぼったくもならないし、キレイに伸びるので全然いい商品ですが、カバー力を求めるのであれば先にご紹介した2つのBBクリームを使った方が良さそうです。

こちらのBBは敏感肌さんや、薄づきでほんわか肌をキレイに見せたい人に向いています。

ブランド⑤ヴィセリシェ

ヴィセリシェはコーセーグループのブランドでテクスチャーが非常に良く、プチプラコスメでも使用者は多いのではないでしょうか!

コーセーのベースメイク好きなんですよね。

中でもメンズメイクで使えそうなファンデーションがあったので、購入してきました!

ヴィセリシェ ヌーディフィットリキッド

(左)OC-415 :標準肌向け <詳細を見る> <Amazonで見る>

(右)OC-410:色白~やや色白肌向け<詳細を見る> <Amazonで見る>

向いている肌質 すべの肌質
向いている肌色 色白から標準肌まで
カバー力 やや高め

このファンデはデパコスクオリティって感じです。

付け心地の軽いリキッドファンデーションで、ある程度の肌の粗はスルっとカバーしてくれますね。

あと、サラサラパウダーが配合されているのでこれ1本でも、フィニッシングパウダーを使った後のようなサラサラ感。

皮脂吸着してくれるお粉もあるので長時間崩れにくいです。

ただし、極度の乾燥肌さんは、しっかりスキンケア・保湿下地を使ってから使用すると超キレイに仕上がりますよ!

色は全部で4色展開!

標準肌から色白さんまで使えるファンデーションですね。

最後に!テクスチャーが中でも優秀なブランドとは!

カバー力が欲しい方には!

メイベリンSP BB オーララディアント

02 ミディアムオークル<詳細を見る>

<Amazonを見る>

このBBクリームが今日紹介した中ではイイ感じです!!

カバー力と付き加減、あとはBBクリームという特性上、簡単に仕上げることができるのもおすすめポイントです

薄づきでナチュラルがいい人には!

MUJI UVリキッドファンデーション

オークル(健康的な肌色)<詳細を見る>

無添加って部分もいいですが、きれいな薄膜をはってくれつつ、オレンジ味も少しあるので顔に透明感がでます!!

テカリやすい人には!

メイベリンSP BB モイストマット

02 ミディアムオークル<詳細を見る>

<Amazonで見る>

テカりにくい、シリコンでさらさらなBBクリームです。

あと毛穴の気になる部分にクルクルつけると、毛穴感がしっかりカバーされます!

白浮きしたくない人には!

ヴィセリシェ ヌーディフィットリキッド

(左)OC-415 :標準肌向け <詳細を見る> <Amazonで見る>

(右)OC-410:色白~やや色白肌向け<詳細を見る> <Amazonで見る>

色の展開が今日紹介した中では一番、暗めで落ち着いてます。(OC-415番ですが)

白浮きした感じを絶対避けたいよって人はヴィセリシェのファンデーション試してみてください!

厚ぼったくもならないし、自然にファンデを使いこなせること間違いなし。


今回はここまで!

プチプラのファンデーションは、実はまだありまして手元にあと10ブランドほどメンズメイクに使えるやつあります。

次回以降にまた第二弾として、記事で紹介していきますよー!

ファンデーションは正直、お金をかけても全然いいと思っているのですが初心者の方はやっぱり3000円以上だと気が引けちゃいますよね。

そんな時はプチプラコスメを参考にメンズのベースメイクを始めてみてください。

それでは次回の更新もお楽しみに!

   

ABOUT US

メンズメイク高橋
高橋 弘樹(タカハシ ヒロキ) 1989年生まれ。 男性のスキントーン(肌色)スペシャリストとして活躍するヘア&メイクアップアーティスト。 タレントや一流のbusinesspersonのメイクやスタイリングを担当する傍ら、メンズメイクサロンのスタッフ教育の特別講師なども務め、youtubeや各snsで一般ユーザーのお悩み解決をサポートしている。