高いカバー力を誇る!theSAMEのファンデーションが優秀。

みなさん、こんにちは。

メンズメイク研究所の高橋です。

今回はプチプラコスメで優秀なベースメイクアイテムを見つけたのでシェアしたいと思います。

ところで、ツイッターの質問箱などで「プチプラコスメでメンズメイクに使えるおすすめのファンデを教えてほしいです。」って質問が来るのですが、プチプラだとおすすめが限られてしまうのが現状です。

なぜかというと、化粧感が出てしまうのです。(グレーっぽくくすむというか何というか;)

さんざん言っていますが、メンズメイクにおいて大事なのはバレないメイクではなく、不自然感のないメイクを目指す方がいいでしょう。

そして不自然感が出てしまう最も大きな原因として、ファンデーションの色味があげられます。

プチプラコスメは値段が安く優秀なものも、たくさんありますがファンデーションは明るい色が多く、超色白の男性が使ってやっと馴染むって感じなんですよね。

コフレドール、プリマヴィスタ、マキアージュなどの有名どころのファンデーションもマメにチェックはしているんですが、カラーバリエーションが結構明るくて購入するのを毎回断念してます。。

と、話が逸れているので巻き戻しますが、そんなプチプラコスメの中でも今回はメンズメイクに使えそうだと思ったものがtheSAME(ザ・セム)のファンデーションとコンシーラーです。

さっそくスウォッチ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

メンズメイクの高橋@ヘアメイクアップアーティストさん(@takahashi.mensmakeup)がシェアした投稿

今回、シェアしたいアイテムはファンデとコンシーラーの2つです。

まずはファンデから見ていきます。

the SAEM ザ・セム CPファンデーション 

35g SPF50+/PA+++ ¥1,296(税込)

今回僕が選んだのは02 リッチベージュです。ザセムは元々コンシーラーでバズった韓国コスメのブランドです。

明るい色の展開しかなくてメンズには不向きな印象がありましたが、このファンデの02番はメンズにも使えそう。

実際に色を出してみるとこんな感じ。

ベストマッチする肌色はメンズのやや色白さんですが、標準的な肌色の僕もトライできそうです。

半顔つけてみました。(顔www)

つけてみた感想はしっかり。って感じで肌の色ムラとか一切なくしてくれます。

がっつりベースメイクって感じではあるけど、見た目ほど重たさはなくて伸びもいいし扱いやすい印象でした。

ファンデーションブラシとかで薄く重ねていくと、尚きれいに仕上がるかも。

お次は2WAYコンシーラー!

the SAEM ザ・セム リキッド&スティック 2WAYコンシーラー デュオ

リキッド 4.5g/スティック 4.2g ¥1,296(税込)

こちらはスティックとリキッドがセットになったコンシーラーです。

スティックはシミやニキビ跡などを隠したい時、リキッドはソバカスや毛穴など広範囲にカバーしたい時におすすめだそう。

 

実際にニキビ跡にぬりぬり。

リキッドコンシーラーは目の周りのクマにぬりぬり。

そして、化粧持ちを調べたくてファンデつけた方の肌を反対側はリキッドコンシーラーを半顔全体につけました。

で、ベースメイクの完成です!(顔wwww)

てかレビュー記事で自分の顔写すのが一番いやすぎるw

まぁ、そんな話はどうでもいいとして向かって左がファンデ、右がコンシーラーです。

2つを直接顔につけると地味にテクスチャーに違いが出てきました。

<ファンデーション>

伸びが良く、カバー力が高め。

<スティックコンシーラー>

瞬時に乾いて肌に密着する。重たくないコンシーラーである。

カバー力は高めだけど、一回で完璧には隠せない。(色ムラの度合いにもよるが)

<リキッドコンシーラー>

重ためのリキッドコンシーラー。厚ぼったさでます。伸びないので叩いて重ねていくのが良さそう。粘度が高いので毛穴とかにパッティングすると陶器肌になる。仕上がりのキレイさはめっちゃすごい。

崩れ具合をチェックしてみました。

ファンデーションやコンシーラーを使う上で、割と気になるのが崩れにくさですよね。

瞬発的なキレイさがあっても、グズグズに崩れるならコスパがいいとは言えないでしょう。

というわけでザセム肌で1日過ごした結果をシェアしていきたいと思います。

僕は化粧品のヨレ具合を観察する時は3時間・5時間を目安に見ていきます。

例えば、朝7時にメイクを完成したとして3時間後は10時。

ちょうど出勤とか通学とかを終えて、それぞれの業に集中しだす時間だと思います。

この時にすでにメイクが崩れていれば、お昼にはドロドロに。

また朝7時にメイクしたとして5時間後は12時。

ちょうどお昼休みに差し掛かる時です。この時の崩れ具合でお直しを入れるかそのまま午後すぎくらいまでメイクが耐えうるかをチェックします。

5時間でもあまり崩れていなければ、その日1日は結構優雅に過ごせます。

3時間後の肌・・・

ファンデーションをつけた頬です。

あまりテカっておらず、全然崩れていません。

まだまだビターっと密着しています。

コンシーラーの方はというと、こちらもまだまだヨレていません。

意外とシワっぽくなることもなくテカリもありません。

特別、皮脂テカリ崩れ防止下地とかを使ったわけではないので、これだけ崩れないのは優秀。

 

5時間後は・・・・

ファンデ―ションをつけた肌をチェックしてみると、ゆるやかにテカっています。

ただし、毛穴落ちなどしているわけではなく肌にはキレイに密着してる印象。

軽くティッシュで皮脂をオフすれば全然問題なさそう。

コンシーラーをつけた方がファンデーションに比べ、テカリがちょっと多い印象です。

とは言っても、コンシーラーを顔全体につけるのは、あまり日常的ではないので5時間経っても毛穴落ちやシワにヨレていないところを見ると優秀ですね!

まとめ

今回のレビューで感じたのはプチプラのベースメイクの中で、ザセムはかなり優秀なアイテムだということ。

ただし、ファンデにしてもコンシーラーにしても、たくさんつけすぎてしまうと厚ぼったさが出てしまうので要注意です。

また色についてですが、02番の最も暗い色は標準的な肌色の男性に使えないこともないですが、やや明るく仕上がる印象でした。

カバー力が高く、崩れにくいベースメイクを探している方はぜひチェックしてみてください。

それでは次回の更新もお楽しみに!